認知症の義母とグレ夫

温泉に入れて良かったけど、

この2泊3日の帰省はとってもハード、、、

温泉で頑張った以外は

グレ夫、なんにも頑張ってません。笑。

 

認知症になってしまった義母は

性格が今のグレ夫そっくり。

というかグレ夫が義母に似てるのね。

できなくなってしまったことをイジイジと、

何度も繰り返し話します。

 

認知症の方は軽度で、

自分でトイレにも行かれるし、

寝たり起きたりご飯食べたり着替えたり、

全部自分でできます。

徘徊なんかもありません。

ただ、目が見えないのでお手伝いは必要です。

f:id:yugre:20220524203230j:image

(帰りの飛行機から。立山連峰富山湾)

 

だけどモノ盗られ発言がね、、

もう典型的。

義母の場合はいつも使っていた夏掛けを

お世話をしてくれている娘(義姉)が盗った、

という話。

夏掛けだよww盗るかそんなもんw

 

目がもう見えんようになって〜

耳もよう聞こえんで〜

K恵(義姉)が夏掛け持って行ってしもうた。

 

この3点セットを1日中繰り返してる。

 

でも認知症ってそんなもんでしょ。

いくら言って聞かせても、もう

夏掛けは義姉が持って行っちゃった、っていう

認識が変わることはない。

大抵モノ盗られって、

1番身近な人を犯人にしちゃうので、

義姉は辛いだろうけどスルーするしかない。

周りの人はそんな訳ないって

ちゃんと分かっているんだし。

 

その点、一緒に暮らしてるだけあって

義父はうまいことやってる。

「わたしの昼ごはんがない!」

「もう死ねって言うことか!」

って、義母が驚くような大声を出してるところへ

参上してしまってびっくり仰天したけど、

義父はベッドへ寝転んで知らん顔。

まだ11時だったので、

ご飯はまだだったと思うけど

「アイツは1人で食べてた!」と

すぐ横で義父を口汚く罵ってるというのに

平気の平左の義父。

きっとこの後ご飯がくれば収まるって

分かってんだよね。

f:id:yugre:20220524203333j:image

(夕映えの立山連峰。B席だから写真がねぇ、、)

 

だけど、いろいろなんとかしようとするグレ夫。

ねーちゃんは夏掛けを取ってない、

何でそんな嫌なことばっかりみんなに言うんだ?

って、わーわー義母を責める。

無理だってそんなことしたって、って

ホテルに戻ってから話すんだけど、

次の日にはもう忘れて、また義母を責める。

ずっとこんな感じ。

病気のせいなんだよ?

仕方がないの。

自分もおんなじようにグズグズ言ってるくせに

何で人には厳しいのよ?

 

わたしが義父を銀行に連れて行ってる間、

グレ夫と義母で留守番をしていたんだけど、

その間もわーわーと言い合いをしたらしく

「近所迷惑だったかもしれない」

耳悪いから大声は仕方ないけど、、

「ねーちゃんやオヤジのことを、」

「アイツ呼ばわり」

「もうオレと一緒に死のうと言ったけど、」

「うんと言わないんだ!」

言うわけねーだろー。

 

わたしが、新しい夏掛けを買ってあげるよ、

と言ったら、義母は結構乗り気だったんだけど、

「そんなのダメだ」

「ねーちゃんを泥棒扱いしてるのに、」

「新しく買ってくれた人が良い人になるなんて」

「そんなことはできない」

とグレ夫。

 

ねーちゃんに盗られた認識は

もう変えることはできないと思うけど、

新しい夏掛けを見たら

盗られたことを(盗られてないけどw)

忘れることはあるかもしれないと思うんだけど、、

「絶対か?」

そんなのはやってみないと分からない。

絶対、なんてお医者さんだって言わないよ。

「とにかくねーちゃんに聞いてみないとダメ」

 

別にわたしだって買いたいわけではないよ。

気を逸らした方がいいんじゃないかと

思っただけ。

良い人になりたいわけでもない。

グレ夫が買ったことにすれば良いじゃない。

そもそもわたしは他人だし、、

 

まったく。身内で好きにすれば良いですよ。

f:id:yugre:20220524203454j:image

(雲海に沈んでく夕陽が美しすぎて、、、)

 

そんなこんなで

ああでもないこうでもないと振り回され、、

グレ夫は実際の作業をできるわけでもないので

義母に文句言いながら座って見てるだけ。

日曜日はヘルパーさんが来ないので、

わたし1人で淡々と掃除洗濯食事の介助、

そして運転。

 

義姉の言ってることも結構適当で、

実家へ行って郵便を持ってきて欲しいと

言っていたから、

(いま住んでるのは街中の高齢者住宅)

(山の方に先祖伝来の家や田んぼがあるのです)

車で1時間ほどもかけて行ってきたのに

郵便1つもない、、、

義姉、前日に行ったらしい。

行ってきたこと、

何で言ってくれないのかなー、、

まぁ義姉も前期高齢者だし、義兄も病気だし、

いろいろ仕方ない部分はあるんだけど。

 

あー、やっぱりがっつり愚痴になってしまった。

 

普段はなんの手伝いもしていないので

文句なんか言える立場じゃないんだけど、

血が繋がってる息子の態度が酷すぎじゃない?

嫌になっちゃう、、、

 

帰宅してからも

「お袋の話はしないでくれ」

「あんなのと親子かと思うと辛い」

とか言っちゃってるグレ夫。

 

何度も言うけど病気なんだよ?

(写真と内容が派手にウラハラでしたね、、)

 

 

温泉に入る②

グレ夫が帰省先のホテルで大浴場を利用した話。

前半はこちらから。

 

yugre.hatenablog.com

 

さて、

30分も待ったところでようやくグレ夫登場。

「なんとか大丈夫だった」

「洗い場に杖持って入った」

「お湯に浸かったら溺れそうになった!」

 

手すりを使ってお湯に入れたのはいいけど

大胆にも手すりから離れて

湯船の中ほどまで移動したらしい。

しゃがんでみたら脚の方がふわっと浮いて

頭が浸かりそうになったんだとか。

で、どうしたの??

「なんとか大丈夫だった」

そればっか。笑。

 

そして脱衣場に戻ってからが大変だったみたい。

椅子はたくさんあったんだけど、

実はそれ、籐のスツールだったんだよね。

安定がイマイチで、

腰掛けたまま下着を上げようとすると

「ひっくり返りそうで怖くてさ、」

休憩コーナーみたいなところにあった

大きな椅子に座って着替えたそうです。

あー、それ女子の方にもあったわ。

 

「でもさー、明日も挑戦してみようかな」

マジですか??

ルーティンになってないことをするのは辛い、

っていつも言うくせに、

やっぱり好きなことは違うのね、、、

f:id:yugre:20220522225221j:image

(ホテルにはなぜかどこでもドアが、、)

 

一方、

今日は朝も早よから運転して空港まで来て、

むっちゃ端っこの搭乗口まで大移動して、

それからレンタカーでまた知らん道を移動、

実家で掃除洗濯、

ホテルまでまた移動、、、と

大活躍だったグレちゃん、

後でゆっくりまたお風呂へ行こうと思ったけど

もう眠くて眠くて限界です。

昨日も一昨日もすごく寝つきが悪かったし、

きっとグレ夫の壮絶ないびきで

何度も目が覚めると思うし、、、

まだ明日も明後日も忙しそうなので

今夜は早く寝とく。

 

あ、だけどもうひとつ、

グレ夫が得意げに報告してくれたことが。

 

空港で、待ち時間が長かったので

ラウンジにいたのですが、

そこのトイレに行ったら

並んでいる男性用の小便器の間にそれぞれ

すりガラスの仕切りがついていたんですって。

社会の窓を開けて用を足すのは難しいけど、

仕切りで見えないんだから、と

ズボンをえらい下げて、それで用を足したら

「できたんだよ、、、、初めてだよ、」

 

入院中、何度か男性用の小便器で用を足す

(立ったまま用を足す)

練習をしたそうですが、

どうしてもできなかったんですって、、

20分くらい立ってたこともあったとか。

もうできないのかも、と思っていたのが

ついに〜立ったまま〜。

 

よく分かんないけど笑。やっぱ嬉しいのかな?

家ではやらないでね、

トイレが汚れるから。

 

 

 

温泉に入る①

夫の実家へ行くときは

いつも駅前のアパホテルに泊まります。

義両親が住んでる高齢者住宅が

駅から徒歩1分。

ホテルは線路を挟んで反対側、徒歩1分なのです。

それが、今回満室で無理だったのよー、、

 

仕方ないので近くの温泉ホテルに

宿を取りました。

近くと言っても車で20分くらいかかるけど。

山の中で静かな、まぁいいホテルです。

温泉もあるし。

アパホテルよりはそれなりにお高いのがね、

ちょっとね、、

 

わたしはあんまり温泉て好きじゃないんだな。

めんどくせーじゃん?

脱いだり着たり、出たり入ったり。

自宅のお風呂の方がよっぽどくつろげます。

 

だけどグレ夫は温泉大好き。

暖かくなったら部屋に温泉がついてる

高級温泉ホテルに宿泊の旅、

をするんだ!

と言っておりましたが、

それより先に温泉に来ることになるとは。

 

今回の部屋には普通にユニットバスしか

ついておりません。

温泉に入るには

大浴場へ行かねばですぞ、、、

 

さてどうするグレ夫。

 

このホテルには息子も宿泊したことあるのですが、

「お父さんには大浴場は無理じゃね?」

と。

いつもならこれを聞いてすぐに諦める

グレ夫なのですが、

やっぱり好きなことって頑張るのねー、

諦めない。

 

出かける前にホテルに問い合わせ。

いつもならわたしにやらせるくせに

率先して電話してました。

チェックインのときにもまた

大浴場の様子を細かく聞く。

 

部屋でひと休みしたら

もうお風呂に行きたくてソワソワしだすグレ夫。

笑。

ちょっと待て。

あんまり混んでると危ない。

夕食が始まりそうな時間まで待つのだ。

f:id:yugre:20220521220735j:image

(窓からの景色も素晴らしいのよ、このホテル)

(晴れると立山連峰も見えます)

 

満を持して大浴場に向かいます。

まずはわたしがご婦人の湯を偵察に。

 

沓脱ぎに手すりがない、、、

だけど脱衣所との段差は僅かで

緩やかなスロープもつけてる。

脱衣所には椅子がたくさん並んでる。

浴場までは段差なし。

使い込んだ感満載のw介護用の風呂椅子もある。

そもそも普通の風呂椅子も背が高い。

ただこの椅子から立ち上がるのはどうかな、、?

 

お湯に浸かるには手すりがあるので問題なさそう。

露天風呂もあるけど、、、

そっちはやめとくのが無難だと思う。

 

戻ってグレ夫に報告。どうする?

「行く」

 

グレ夫がのれんの奥に消えてからしばらくは

外で待機していましたが

なんの騒ぎもないし電話もないし、

大丈夫そうなので

グレちゃんもお風呂いただいてきますね。

 

久しぶりの温泉は、

、、、温泉てこんなに気持ち良かったっけ??

お湯加減もちょうどで、広くて、

手足はツルツル。

ちょっくら露天風呂にも行ったりして。

こんなに気持ち良いのなら

のんびりしたいところだけど

グレ夫がどうなってるかが気になって、、

カラスの行水状態。とっとと上がる。

 

脱衣所へ戻ってスマホを確認したけど

グレ夫からの連絡はなし。

大丈夫らしい。

またもやとっとと着替えて

大浴場の前のソファーでグレ夫待ち。

f:id:yugre:20220521221554j:image

(こんな田舎でも街の灯りはキラキラ)

 

、、、さっぱり戻ってこないグレ夫。

自宅のお風呂でもかなり時間がかかるので

慣れない場所だと余計かな。

 

30分ほど待ったところでようやくグレ夫登場。

思わず駆け寄っちゃいましたよ。

どーだった????

 

(続く)

仲良しの同期から電話が来た

グレ夫はもともと誰とでもよく喋る人で、、

わたしの友人にも愛想がいいので

わりと評判も良かったり。

 

でもこの病気になって

すっかり性格が変わりました。

うるさい!って言うほどだった大声も

小さくなってぼそぼそ喋るように。

 

仕事ばっかりの人だったので

それ以外で付き合いを続けている友だちは

ほとんどいませんでした。

大学時代のヨット部の人くらい。

 

会社の同期の人たちとは

それなりにお付き合いがあったと思いますが

こんなことになって親身に連絡をくれる人は

あんまりいないようで、、、

1人?2人?くらいらしい。

まぁ規模が大きな会社なので

同期で親しかったからって

接点が日常的にあったわけじゃないしね。

連絡を取り合っている僅かな人は

とても良くしてくれるので

それで良いじゃないと思うし、

こんな性格になってるから

こちらから積極的に連絡しないんだもん、

仕方ないよね。

 

いまの職場は7月にいろいろ変更がある予定で

ここにいる同期たちも異動したり

退職したり、辞職したり、と

変わる人たちが多いんですって。

グレ夫も辞職組です。

なのでこの中で1番出世の人が音頭をとって

送別会?懇親会?をすることになったらしい。

ちなみにこの1番出世さん、

昔っからグレ夫が仲良くしてたヤツ。

 

「欠席、って連絡した」

メーリングリスト的なものに返信をしたらしい。

「近況もちょっと書いた」

「だけど、誰もなんとも言ってこない」

あらま、、、

 

1番出世さんは病気になってから

何にも連絡がありません。

わたしは会ったことはないけど、

その人のご家族のこととか、

ご実家のこととかの大変だった話、

いろいろ知ってます。

グレ夫がその人と話すたびに

わたしにも教えてくれてたから。

 

病気後、

この人からなにも言ってこないことを

グレ夫はとっても気にしています。

 

f:id:yugre:20220519125612j:image

(この蛍光色の黄色い花、大好きです(脇役)

 

グレ夫が「昨日Tから電話が来た」と。

あれ?その人同期の人だったよね?

「そう」

Tさんもかなり仲良しの人。

送別会のメンバーで、メールを見てくれたらしい。

グレ夫のことがずーっと気になっていたけど、

障害者になったと聞いて

なんと声をかけていいのか分からなかった、

連絡できずにいてごめん、と。

 

「あいつは真面目なヤツで、」

「障害者とは、とか理屈っぽいことを言ってた」

「そんな感じだから、なんて声ををかけようか」

「考え込んじゃってたらしい」

 

良かったねぇグレ夫。

 

連絡はしてこないけど、

年賀状にひと言書いてくれてる人も

たくさんいたのよ。

1番出世の人だって、またいろいろあるのかも

しれない。

同期の中からは本当に偉くなったヤツは

とうとう出なかったって話だしさ、

面白くないこともたくさんあるんじゃないの?

対応が難しい友だち(?)に

連絡を取るのってストレスだしね。

 

Tさん、グレ夫なんかのことで悩んでくれて

申し訳ない。

ありがたいです。

 

そんなグレ夫だけど、

近くに住んでるヨット部の友だちから

「どんな状況?会おうよ」

って年賀状もらってるのにシカトしてるんだよ。

その人の奥さんからもわたしに

心配してるメールもらったりしてるのにさぁ。

「本当に会いたければ電話とかしてくるだろ」

だって!

ナニサマ〜笑。

 

 

 

振替ができるんですってよー。

この間TVで三谷幸喜さんが言ってました。

「人間を笑わせるのは人間にしかできない」

景色の良いところへ行って、

はぁ〜癒される〜ってなっても

笑うことはないでしょう?って。

まぁ確かに、、、、

なるほどね。

 

最近思いっきり笑ってないのよー、

誰か!笑わせて!!

 

f:id:yugre:20220516230128j:image

(くるみっ子の切り落としだって。おいしいよね!くるみっ子)

 

話は変わりますけど

今週末から急遽帰省することになって

退院以来初めて

通院リハビリを休むことになりました。

なんと、

振替ができるそうな、、、

知らんかった。

 

だけど平日は仕事なわけだからさ。

リハは休むけど、有休取るには変わりなく、

しかも半日じゃなくて1日取っちゃうので

振替のリハのために続けて有休取るのもね、、

 

なので、

土曜しか来れないので振替は難しいと思います、

と伝えました。

通院リハを土曜に変えたい、とお願いして

もうすぐ半年、

まだ希望は叶いません。

空いてないんだよね?土曜日は。

「わかりました、調べて連絡しますね」

とは言われたんだけど。

 

それきり忘れていたら今日の勤務中に着信が。

H病院から着信があると

今でもびくびくします、、、

先生の許可を得てすぐさま折り返す。

条件反射。笑。

 

「土曜日、PTリハだけ振替取れそうです」

なぬ?取れる?

取れないとばかり思っていたので

伝え忘れたよ、

提案された土曜日も留守です。ちーん、、、

翌週の土曜日も空いているので

PTの都合を確認してまた連絡くれるそうです。

 

ほぉ、、、

土曜、空いてるのね、PTは。

つまり、あとOTのコマが空けば

毎週のリハビリ、土曜に変更できるのかな?

つまり、もうすぐかな???

 

最近、

「わざわざ有休取って毎週通う意味!」

とか不穏なことを言い出してるグレ夫なので

(通わずどーするというんだ)

なるべく早く土曜日に変わりたいです。

 

変わったら変わったで

「お出かけができなくなった!」

とか言いそうだけどねぇ。

 

とりあえずひたすら待つ。

 

遠出の予定ができました。

と言っても旅行ではない。

 

姪っ子に赤ちゃんが産まれました。

6/6が予定日と聞いていたんだけど、、、

40歳の誕生日(5月後半)前に

産みたいって話だったんで、早くしたのか?

早くなったのか、、?

 

義姉家では初孫で、喜ばしい限りなんですけど、

義姉が姪と赤ちゃんのお世話のために

1週間ほど上京する間、

高齢の義両親のお手伝いのために

帰省する約束をしてたグレちゃん。

 

え!?

産まれたっっ!?

今日???

 

「今週、来てもらうことできる?」

 

こここここ、こんしゅう、ですか???

 

来月のつもりでいたんで、不意打ちです。

ワタシモイチオーシゴトシテルンダヨ、

ワカッタジテンデオシエテホシカッタナー、、、

 

先週もKOで休んでるし、今週も、は

言い出しづらい、、けど行くしかないしね。

普段は全て義姉任せですからこんな時くらいは。

f:id:yugre:20220516160444j:image

(こちらもお他所のお宅の生垣。きれいにしてるなぁ。)

 

グレ夫にはごめんよだけど、

わたしの仕事を休まずに通院リハを休んで

行くことにしました。

グレ夫のヤツは、

「留守番の練習になるな、、」などと

言ってたけども、

親は幾つになったって

可愛い息子の顔が見たいんだよっ!

というわけで連れて行きます。

 

速攻でホテルとレンタカーを予約。

あとは飛行機。

飛行機は訳あって予約ができません。

GW終わってて良かったよ、、、

GoToやってなくて良かったよ、、、

 

飛行機に乗るのはコロナ以降初めてだわ。

慌ててると忘れ物しがちだから気をつけます。